障害者就労継続支援A型・B型・就労移行支援事業所の開設なら

開業前後にすること

申請後、無事、事業所指定を受けると「開業」となります。開業までの道のりが結構大変だったので、一安心したいところですが、開業したその日からが、本当のスタートとなります。

 

特に開業前後の事業所の動向は大事で、早期に事業の安定運営ができるかどうかの分かれ目になってきます。
事業開始までに、スタッフ研修、利用者の仕事、必要書類等の準備をしっかり行うことで、スムーズに開業後のあらゆる対応ができるようになります。また、開業時、開業後のやるべき事を先に把握しておく事で、日々追われることなく必要な業務をこなすことができます。結果、早期に事業を軌道に乗せることが可能になります。

 

B型事業所の利用者の募集ですが、利用者の障害区分の受け入れ幅を広げたり、多様な仕事の確保、工賃の引き上げ等を行いながら、各機関(相談支援事業所等)へ事業所のアピールをすることで、サービスの利用を希望する人が少しずつ増えてきます。とにかく同業他社問わず、いろいろな所へ営業展開を掛ける必要があります。

 

開業前後にすること

スケジュール 項目 内容
開業1ヶ月〜直前 スタッフ業務研修 同業他社での見学を兼ねての意見交換や外部講師を呼んでの講習等でスタッフのスキルアップを図る。
  開業後に必要となる書類の整備 利用者との契約、日々の活動記録、請求関連の書類、監査対策書類等を整備しておく。 
  事業所内外の仕事の準備 利用者にしてもらう仕事の段取りをする。
  利用者の募集 特別支援学校や就労移行支援事業所、相談支援事業所(相談支援員)等に訪問し、事業所をアピールする。
開業〜直後 指定書の確認 指定日もしくは指定後数日で行政から指定書が届くので番号等を確認する。
  利用者の募集開始 特別支援学校や就労移行支援事業所、相談支援事業所(相談支援員)等も含め、就労継続支援A型、同業他社のB型事業所に訪問し、事業所をアピールする。
  国民健康保険連合会(国保連)請求手続き準備 指定後、数日で国保連から請求書類が届くので、内容確認し手続きを行う。
開業後 各関係機関へ挨拶廻り 相談支援事業所は、利用者を紹介してくれるので必ず訪問する。また、障害者就労支援センターや特別支援学校、同業他社等も訪問する。
  仕事確保の為の営業廻り 事業所の継続的な仕事の確保、利用者のニーズに合わせ多様な仕事を確保するために請負先へ営業展開する。
  利用者への対応 利用者がサービス利用を開始してからの対応(トラブル、苦情対応等)をする。
  国保連への請求事務 利用者がサービスを利用した翌月から請求事務を行う。
  行政とのやりとり

役所から様々なお知らせや提出書類等がメールで来るので、その対応をする。
また、事業所で各変更等があれば、都度、役所に必要書類を提出する。

  実地指導対策 開業後、半年〜1年以内に実施指導があります。日々必要な書類の記入、整理が必要です。
  その他 スタッフ研修、防災訓練等

 

当事務所では、事業に関する創業相談、融資、法人設立(※登記に関する事は、提携司法書士)、開業要件指導、指定申請書作成・提出代行、開業後の運営サポート等をしております。初めて障害福祉事業をする方でも、事業開業・安定運営できるように、しっかりサポート致しますので、是非一度、御相談ください。

就労継続支援A型・B型・就労移行支援事業の開業(開設)・運営に関することなら

 

無料相談窓口(全国対応)

 

電話相談をご希望方は

TEL 0776-26-3175(平日9時〜18時)

 

メール相談をご希望の方は(24時間受付) 


※相談ご希望の方へ、ご利用の前に「特定商取引に基づく表示」必ずお読みください!